コムズメソッドとは

 
脳に身体の位置情報を与えるマッピングテクニックが基本です。
そのことでフルショットにおいてもアドレスの静止した状態からテークバックをスムーズに始動させ、切り返し → インパクト → フィニッシュまでの運動連鎖を力強く正確に再現させてくれます、現在の運動神経を最大に使え夢のナイスショットを実現してくれるのです。
 

 
 

脳と身体にマッピング

正しいフォームを身につけることで、スムーズなスイングで効率よくボールを飛ばせますし、繊細な動きを身につければボールコントロール力がアップし、思いのままにゴルフプレイを支配することも夢ではありません。
 

間違っているかもしれない練習方法や考え(悩みなど)
理にかなっていないフォームで練習をする
遠くに飛ばそうとして力を入れて練習をする
ただ練習すればうまくなると考えている
何年もやっているのに上達しない。
自己流で技術が停滞している。
ゴルフをすれば身体が痛くなる。
練習場では調子がよくても本番では通用しない。
ショットが安定しない、ショートゲームが上手くいかない。
 

上記の症状にあてはまる方は、ゴルフの基本がわからず練習方法が間違っている可能性があります。
コムズゴルフでは、まずゴルフの基本を学んでいただき、良いフォームを反復練習で身体に覚えていただきます。
目で見て学び、脳で考え身体で体験する、動きに対する細かな情報をビデオで撮影しコーチが分析しながら、正しい動きを脳と身体に反復練習によりマッピングしていきます。
コムズメソッドは誰でもできる簡単シンクロナイズメソッドなのです。
 
ひとりでは無理でもコーチと一緒に楽しくトレーニング、フィジカルスキルアップとスイングスキルアップの両面の効果でゴルフが上手くなる!
圧倒的なパフォーマンスを発揮できる夢のゴルフレッスンです。

 
 

まずはゴルフの3つの基本を知りましょう

 
ボールコントロール
ゴルフスイングとは、ボールを目標地点に運ぶという目的でクラブを振ることです。
その目的達成の為に、次の3つのコントロールが求められる。
ボールの距離(より遠く、正確に)
ボールの打ち出し方向(左右・高低)
ボールの回転(左右・前後)
 
ボールの飛ぶ法則
ボールはどう打てばどう飛ぶのか知っておく必要がある。

  • 飛球法則(ボールの飛ぶ条件)

ヘッドスピード
クラブヘッド軌道
フェイス角度
打ち込み角度
打点位置

(気温、湿度、風、地形なども影響)

 
狙って構えて打つ!!
ボールコントロールをするためのスイング12原則が基本
目的や個人差に応じた方法論の選択(優先順位・応用技術)
すべてのプレーヤーに共通の方法技術
より遠くにより正確にという2面的要求を互角に充たす
生体力学的に効率の高い方法技術、再現性の高い方法技術
14本のクラブに共通性のある方法技術

 
スイング構成( 12原理) 
 
 
 

基本スイングを身につけるためにも練習が大切です!

 
基本編
クラブを持たずにいつでもどこででもできる、ゴルフの基本中の基本
セットアップドリル(正しい姿勢)
・グリップ・体重配分前後左右・スタンスの広さ・膝の曲がり・前傾角
・肩の向きと位置・背筋・左手首の角度と位置・肘の向き・目のライン
・バランス・力感・リラクゼーション
ショルダーターンドリル(肩の回転)
ウェートシフトドリル(体重移動)
フォーアームローテーションドリル(前腕の回転・ヒンジング)
フリースイングドリル(総合的にスイングをチェック)
 
総合モーションチェック
ブックスイングドリル
ヒッチハイクドリル
スイッシュドリル
ツーハンドスイッシュドリル
 
打球編
球を打ちながら基本スイングを覚える。4タイプのスタンスで打ちます。
体重移動ステップドリル
上体回転ステップなしドリル
クローズスタンスドリル
オープンスタンスドリル
 
上達のポイント
いずれのドリルも目的を理解し繰り返すことで高い効果が得られます。
ゴルフの基本であるアドレスをきちんと練習すること。
常に軸や支点を感じ、目とボールとの距離を感じながら力むことなくフォームを意識しバランスの良いスイング作りをしましょう。


トレーニングとは

身体の機能を向上させるために行う運動です。
体力要素、バランスを満たすトレーニングが必要です。
性別、年齢、体力に応じたトレーニングが大事です。
超回復、可逆性、運動負担の3原則から成り立ちます。
 

トレーニングの流れ 

体力チェック
ウォーミングアップ
トレーニング
クーリングダウン
体調チェック

本格的なトレーニング

 

 

POINT

試合前のトレーニングは短時間で高負荷トレーニング。
積極的な休息は72時間まで!オフ時でも2週間まで!

本格的なトレーニング

 

 
 

POINT

試合前のトレーニングは短時間で高負荷トレーニング。
積極的な休息は72時間まで!オフ時でも2週間まで!

スピードとパワー

 

 

POINT

パワーは大きな力が速いスピードで発揮すること。
最大筋力の向上→30%の筋力でMAXスピード。
アウターマッスルとインナーマッスルの使い方。
身体のキレで打てば球は曲がらない!

スピードとパワー

 

 
 
 

POINT

パワーは大きな力が速いスピードで発揮すること。
最大筋力の向上→30%の筋力でMAXスピード。
アウターマッスルとインナーマッスルの使い方。
身体のキレで打てば球は曲がらない!