Takeyama's Column

スイングの感覚

2017年08月12日

スイング作りに励むゴルファーの為に、日夜がんばっているコムズなんですがやればやるほどスイングについて…

 
スイング作りに励むゴルファーの為に、日夜がんばっているコムズなんですが
やればやるほどスイングについての悩みが増えていく方が多いようです。
そら悩みますよね
むずかしいことが多すぎますから。
そこで理論と感覚を融合さすために
なにか方法はと・・・・・いつも考えるのですが
そんなものはあるような、ないような・・・
まぁあまり悩まずボチボチと日々の積み重ねぐらいしかありませんかね。
そんな中でも感覚の部分は重要と考えます。
この感覚というのは意外と具体的で機械的でもあって
計算された動きの中からしか感覚は身につかないのです。
要はパターン化された動きが良い感覚を身に付けてくれるんです。
そのためにも基本の動きを忠実にコツコツとやること♪
毎回ルーティンをきちんととり、リズムよく練習すること
練習のパターンも決めてアドレスからフィニッシュまで細分化して
分けて練習、まとめて練習
ねじれる、移動する、ゆっくり振る、早く振る
力を入れる、力を抜くなどなど
いろいろと身体で感じながら感覚的に身に付けていきましょう♪
スイングは習慣で身に付けていくものです。
良いフォームになるまでビデオチェックしたりコーチと相談しながら
理論的にも理解しながら、良い感覚を身に付けてくださいね!
P.S.力みは厳禁です!リラックスしてバランスよく振れることが大切です。
 


コラム