Takeyama's Column

心技体

2017年08月20日

ゴルフの心技体をありとあらゆる角度で考えると、まず誰もが技から入ります。ゴルフを始めるに当り、やはり…

 
ゴルフの心技体を
ありとあらゆる角度で考えると、まず誰もが技から入ります。
ゴルフを始めるに当り、やはり基本はスイングと、
誰でもそう考えるということなんでしょうね。
このことが先に来て、次に心の事となってきます。

この景色は苦手とか、
他人が見ていると緊張して上手く打てないとか、
素振りのようには打てないとか、
10年を超えるベテランでもメンタルについては
特に初心者レベルのお話となりそうです。

身体の事となると、
鍛えればスイングも安定しますし、安定すれば飛距離が出ます。

身体が硬い人は柔軟性に努め、
柔らかな人は固めることに努め、
スピードが出ない人は筋力をつけるとパワーが出て、
球が飛び気分爽快となります。
柔軟性や良い筋力をつけることは、
やはり有利に事が運ぶようですから、
この部分を大切にと考えます。

昔、ジャンボさんは体技心と言いました。
身体と技があれば心は後からついてくるという考えです。
実は私はこれに賛成。
しかしこれは技術がある人の言える事なんでしょうね。

一般的に、身体を鍛えるといっても
専門的に効率よく鍛える手段は、
プロのトレーナーに相談してするべきで
知識がなく、やってしまうと筋力が硬くなりすぎたり、
怪我をしたりしますからお気を付けください。

私は思います。ゴルフは心で上手くなる。
心技体の順番でいいと思います。
なぜなら心の中でゴルフを楽しんでほしいのです。
技に苦しみ、心で苦しむより
心から楽しんでスイング技術を身につけていけば、
自然とコースでも楽しく悩めるんではないかと思われます。
そして欲が出ればトレーニングといったところでしょう。
ゴルフをするだけなら、普通の体力があれば、老若男女だれでも楽しめますからね。
つらい心の心技体ではなく
心でゴルフを楽しむ、心技体がいいですね(^-^)


 


コラム