Takeyama's Column

間違っている練習かもしれません

2017年09月04日

間違った練習や努力をしていないか疑問に思う時があります。自分の得意なことは技術職なのに苦手な営業…

 

間違った練習や努力をしていないか疑問に思う時があります。
自分の得意なことは技術職なのに苦手な営業をやっている・・・
本当に得意な、いや好きなことなら伸び伸びとできるのに・・・
成績の上がらない営業の仕事は、
自分には不向きではと疑問に思われることでしょう。

ゴルフをしている時も同じで、この動き間違ってないかな
間違っているから、曲がるし飛距離が出ないのかなと・・・・
ではスイングを治そうか、体力をつけようか?
どちらもやればいいんだと思い実行へ移す。
少しは成果はあるけれど、イマイチなんてこともあります。

今より飛べばスコアが良くなるかも!?
考えは正しいけど、飛距離を求めることから取り組むのは危険です。
やはり苦手を無理に克服することは、間違っているかもしれません。
もともと飛距離が出ない人は、少し出るようになれば一旦満足した方がよいのです。
それよりも曲がらないことを自分のメリットとしてとらえ、
そのうえで飛距離はついてくると信じて練習した方が得策です。
飛ばない人は飛ばすことより方向やショートゲームの精度を上げることが優先です。
ゴルフは上がってなんぼ、冷静に考えれば300ヤードも1センチも1打なのです。

パターも同じで、3パットの連続・・・
ゴルファーにつきまとう恐るべき3パット、シングルさんもしますしプロもします。
あのタイガーだって3パットすることがあるのです。
ある人が言いました、3パットをしない方法はどうすればよいのですかと
お返事は簡単ではありません、しかし普段の練習が大切ですので
先ずは絶対外れない距離のショートパットの練習から始めるとよいでしょう。
それから1m、2m、3m、5m、10mと離れていくと良いでしょう。
先ずは確実に入る距離を練習する必要があります。
ファーストパットがその距離の中に入れば、2パットで収まるという理論です。
確実に入る距離は、腕前によってことなりますが
私の場合70センチ程度・・・・・・これは普通の数字
離れていけば確率は下がりますが、1.2m程度までなら90%を超える数字となります。
実は1.2mくらいの確率の違いが大きな違いなのです。どんな練習をされてましたか?
パターマットだけの練習で2m以上ばかりです。
その練習、間違っているかもしれません。
初心者であればあるほどに短い距離を確実に入れる練習が必要です。
退屈な練習ですが、この練習はかなり有効で
確実に短い距離を沈める練習こそが3パット解消法なのです。
先ほどと同じ話ですが、300ヤードも1センチも1打と考えれば、
上達への道は短い距離からなのです。
出来ることからコツコツと(西川師匠の言うとおり)


 


コラム