Takeyama's Column

ラウンドレッスン

2017年09月14日

私の仕事の中にはラウンドレッスンというものがあります。コースでのスコアマネジメントのお手伝いをする仕事…

 
私の仕事の中にはラウンドレッスンというものがあります。
コースでのスコアマネジメントのお手伝いをする仕事です。

先ずはその方のプレイを見て、第三者の目から判断、
何が良くて何が悪いのかを見極めます。

『 余計な動作 』 はないか?

『 足らない動作 』 はないのか?

だいたいこのあたりが大きなポイント。

例えばアプローチの距離感。
みなさん大体(大ざっぱ)すぎて、ちょっとびっくりします。

大きく上げてチョコンと打つ。
小さなバックスイングで強くヒットする。

大きく上げてチョコンと打つは 『 余計な動作 』 に分類。
小さく上げて強く打つは 『 足らない動作 』 に分類。

どの距離においても適切な振り幅や強さが必要なのですが
自分ではわからないのでラウンドレッスンで私が見て判断、修正します。

パターも同じく
上りなのに小さなバックスイングで強くヒット。
これは 『 足らない動作 』 に分類。

下りなのに大きなバックスイングでチョコンと打つ、
これは 『 余計な動作 』 に分類。

どちらも不自然な動きに見えるものです。

上りや距離がある場合なら、自然と大きなバックスイング。
下りやショートパットならその逆で、自然に小さなバックスイング。

すべてのショートゲームにおいてストロークに繊細なタッチが要求されます。
繊細なタッチを出すのに、 『 足らない動作 』 『 余計な動作 』 があっては
良い結果は出ないものです。

できるだけ自然に逆らわず、アプローチパターともに自然な振り子が大切です。

上手くいくプレーヤーは、いつも同じタッチが出せる。
自然の法則の中でのストロークを大切にしています。

再び申し上げますが、下りなら引力に逆らわず繊細なタッチで
上りなら、しっかりと引力の反対へ向かう力が必要です。

ラウンドレッスンでは、いつも『ちょうどになる何か』を
見つけてもらうよう心がけています。

プレーヤーが何かに目覚める、そんなレッスンが出来ることが理想です。


 


コラム