Takeyama's Column

成長

2017年09月22日

私はゴルファーは成長し続けるものと思っています。ある程度の年齢になれば、身体が衰え技術が停滞したりする…

 

私はゴルファーは成長し続けるものと思っています。
ある程度の年齢になれば、身体が衰え技術が停滞したりするものですが
ゴルファーとして年輪を重ねるという意味で
そう経験を踏めば踏むほどに、大きな成長をするものと思われます。

若いうちは若竹が伸びるように
老いても年輪を重ねる
そういう意味でもゴルファーは日々成長という意味なのです。
若いうちは細く長く
成長して太い幹になるのです。

アプローチやパッティングは大きな体力は入りませんし
ベテランのいぶし銀の小技なんて言葉も素敵ですよね。
若い選手は体力で勝負、ヘッドスピードが速いものですからスピン量も多くなりやすく
当然サイドスピンが多くなればボールを曲げやすくなります。
そんな若者でも、いつしかゴルフの怖さを知り安定を考えます。
飛ばすことも大きな魅力ですが、曲げないことも魅力と感じ
飛ばなくなったというか、飛ばさない堅実なゴルフを覚える努力を始めた時
大きな成長を遂げるときが来ます。
それが40代なのか50代なのか60 代なのか
年齢を重ねるほどに賢くなることも成長なのです。

私は現在50代、身体の故障も多く無理が出来ず
目も老眼のせいでラインが読みづらくなりました。
それを感じはじめて3年程度たちました。
状況が変わり技術が停滞していると思っていましたが
ごく最近、あることに気が付き考えが変わりました。
ゴルフを練習すると成長し続ける。
ゴルフを真剣に考えると成長し続ける。

キチンと自分の考えた我が道を進むことが大切!
真剣にゴルフを考えた事ありますか?
きちんとトレーニングをしていますか?
成長し続けるためには、この2つは必須条件!
よく考え練習してくださいね (^-^)
そこには成長し続ける喜びがあるので す。


 


コラム