Takeyama's Column

躊躇する

2017年09月26日

あれこれ迷って決心できないこと、ためらうことです。プレー中、躊躇することがすべてのゴルファーにあります…

 

あれこれ迷って決心できないこと、ためらうことです。
プレー中、躊躇することがすべてのゴルファーにあります。
悩み迷い、決断できず、だから決行できない。
多くのプレーヤーはできるショットだけを選択しがちです。
成功した経験のみを信じるものですから仕方ありませんけどね。

躊躇するゴルファーの思考や行動は
単純にいえば失敗を恐れている状況と私は考えます。
本当はやったらできる子なのにと親がよく言いますが
滑稽ですが、その状況によく似ています。
そうなんです、躊躇せずトライしていただかないと
いつまでたっても、やったらできる子にならないのです。

ひょっとして練習したことをコースの上でトライせずに
いつまでももったいぶって、自分の経験だけにたより
自分ができる子である可能性だけを残しておいてはいませんか?
変な言い方でしたが
そんな意識はかけらもないと思いますが、間違いなく失敗は恐れているはずです。
もし躊躇している自分がいれば、それは失敗を恐れているだけと考えていただきたい。

失敗するとダメージが大きく、それこそトラウマになりかねません。
確かにトラウマというものはありますが、トラウマを認めないこともここではお奨めしときます。
失敗はスコアに出ますし、他人の目も気になることでしょう。
スコアという結果がどうであれ他人は他人の思惑、
そればかり気にしていては自分がトライする絶好の機会を失います。
たまにはスコアを捨てトライしてもよいでしょう、
でなければいつまでも失敗を恐れてできない子になってしまいます。

迷って決心できずやらない人は
ふたたび親に言われるでしょう、やればできる子なのにと
やらない子が言われる言葉・・・・・・・・
話はそれましたが
現実はやったらできないことにフタをしている状況かもしれませんよ。
躊躇という言葉は、躊躇したら失敗したとか
もう少しいい意味で使いたいですし私は悪い言葉とは思いません。
それよりも失敗を恐れ躊躇することのほうが問題なのです。


 


コラム
次のページへ LinkIcon